2015年06月17日

オリジナルアイテムはいる?いらない?

オリジナルTシャツなどのオリジナルアイテムは、それを持っている人達が同じ組織に所属しているということが一目でわかりますよね。
今回はそんなオリジナルアイテムが実際に自分の所属する組織にあった方が良いかどうかという点をアンケートで聞いてみました。

所属するサークルや組織には、オリジナルのTシャツなど共通のアイテムがあった方が良いと思いますか?

共通のアイテムは持つべき!

アンケートの結果、僅差ですが共通のアイテムはあった方が良いと回答する方の方が多かったです。
回答理由としては、

みんなでオリジナルTシャツを着るだけで一体感がすごく出るので、なんらかの共通のアイテムがあった方がいいと思います。
仲間同士の連結が生まれるし、ほかのチームと違うということがわかる。
やはり共通のアイテムがあるのと無いのとでは団結力や結束力が違います。スポーツなどの団体競技や集団で何かをやり遂げようと思う時に共通アイテムは必要です。

共通アイテムを持つことで、結束力や団結力を高めることが出来ると考えている方が多いようでした。
連帯感を強めて、チームとしての機能を上げることにも一役買ってくれそうですね。

必要ないという意見も約4割!

「思わない」と回答された方も約4割という結果となりました。

何かの度に皆で揃えて着てこなければならないし、あまり揃って着たくはないから。
作るのに経費がかかるし必ず自分好みのものが出来上がるわけではないので。

単純に同じアイテムを身に着けることに抵抗を覚える方や、自分好みではない物を着るのが嫌だと考える方がいらっしゃるようでした。
なかなか、全員の好みに沿った物を作るというのは、やはり難しいですからね。
好んで着たい!とみんなに思ってもらうのは至難の業と言えるかもしれません。

また、団結力を高めるだけならアイテムに頼らず、自分たちの気持ちを揃えれば良いだけだというようなポジティブな意見もありました。

あれば便利だが、ほどほどにするのが無難?

他組織との区別、団結力の増加というように共通のアイテムを持つことでのメリットは多いように思います。
但し、全ての人が乗り気であるというわけではないので、度が過ぎれば逆効果ということもあるでしょう。

「必要ない」と回答された方の中にも、特別なイベント用などでアイテムがある分には良いと思うと考えている方もいるようなので、組織内で一つくらいは共通のアイテムがある分には問題ないでしょう。
それ以上の頻度や数を用意するとなると、組織内のメンバーと相談することが無難と言えそうです。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問、男女
  • 調査期間:2015年1月27日~2月13日
  • 有効回答数:100サンプル