オリジナルプリントTシャツを長持ちさせるための洗濯方法

こだわりのデザインをあしらったオリジナルプリントTシャツ。仲間とおそろいだったり、自分だけのために作ったりしたほかでは買えないTシャツだから、大切にして長く愛用したいですよね。

そこで今回は、オリジナルプリントTシャツを長持ちさせるための洗濯方法を紹介します。オリジナルプリントTシャツはプリントした方法によりますが、プリント部分が剥がれたり色が薄くなったりという劣化をしやすいです。正しい洗濯方法でできるだけ長持ちさせてあげましょう。

オリジナルプリントTシャツをできるだけ劣化させない洗濯方法

オリジナルプリントTシャツをできるだけ長く愛用するために知っておきたい洗濯方法を解説します。市販のTシャツもこの方法を押さえておけば長持ちするので、ぜひ参考にしてください。

1. 洗濯前に洗濯表示を確認する

オリジナルプリントTシャツといっても、どれも洗濯表示が同じわけではありません。プリントをしたTシャツの種類によって、表示に書かれているものは違います。

一般的にはTシャツには40度以下の水・ぬるま湯で洗う「弱40」や、ドライクリーニングができない「ドライ×」、塩素系漂白剤NGの「エンソサラシ×」などの表示がありますが、Tシャツの種類によって異なるので、洗う前に必ず確認してください。この洗濯表示をしっかりチェックしておけば、素材の劣化を防げます。

2. Tシャツを裏返して洗う

基本的に、「手洗い」という洗濯表示がない場合は、洗濯機で洗っても大丈夫です。コットン100%のTシャツなら、ほぼ洗濯機洗いは可能でしょう。

しかし、洗濯機で洗うとプリント部分の劣化が早まることがあります。インクが薄くなったりプリント部分が剥がれたりするのを極力防ぎたいという場合は、手洗いにするか、洗濯前にTシャツを裏返しプリントがある部分を内側にして洗濯機に入れましょう。こうすると他の洗濯物とプリント部分が触れないので、劣化を防げます。これは市販のプリントTシャツや飾りなどがついたTシャツも同様です。

3. 洗濯する前にシミ汚れは前処理をしておく

オリジナルプリントTシャツにシミなどの特に目立つ汚れがあるのなら、前処理をしておきましょう。食べ物や飲み物などによる汚れはなくても、汗を吸収しやすいTシャツは汗ジミができやすいです。専用のポイント洗剤か、ぬるま湯に溶かした酸素系漂白剤を気になる部分にかけて1時間程度置きましょう。

汚れがピンポイントの場合は、歯ブラシなどに塩素系漂白剤をつけてこするのもおすすめです。このとき必ずプリント部分には専用のポイント洗剤や塩素系漂白剤をつけないように気をつけてください。

4. バケツや洗面器を使って押し洗い

面倒ではありますが、オリジナルプリントTシャツを長く愛用するためには、手洗いが一番です。手洗いするときは、バケツや洗面器を用意します。40度以下のぬるま湯を入れ、中で優しく押し洗いをしましょう。

最初は少量のぬるま湯で押し洗いをし、何度か繰り返したら、最後はたっぷりぬるま湯を入れてすすぎ洗いをします。洗剤が残っているとTシャツが黄ばんでしまう原因になるので、しっかりすすぐようにしましょう。

5. 洗濯ネットに入れる

洗濯ネットは他の洗濯物との摩擦を避ける効果があります。Tシャツを裏返しにすることで、プリントが他の洗濯物と摩擦を起こすのを避けられますが、さらに洗濯ネットに入れることでよりダメージが押さえらます。他の洗濯物と絡んで生地が伸びてしまうのも防げるので、必ずネットに入れて洗濯しましょう。

6. 洗濯が終わったら陰干しですぐに干す

洗濯が終わったら陰干しですぐに干してください。干すときは裏返しのまま干すことで、プリントの剥がれや薄くなったりするのを防げます。

ハンガーを通すときは下からハンガーを入れて通しましょう。こうすることで首元が伸びるのを防げます。ただハンガーの形がTシャツに合っていないとシルエットが崩れてしまうので、縦に二つ折りにして、ハンガーにかけましょう。

この干し方は乾くのに少し時間がかかりますが、生地が伸びないのでおすすめです。ただプリント部分がくっついてしまうことがあるので、長時間干し続けないように気をつけて、乾いたらすぐに取り込みます。

7. 乾燥機を使って乾かすのはNG

自宅に乾燥機を置いている方もいるでしょうし、最近はドラム式洗濯機に乾燥機能がついているものもあります。またコインランドリーで洗って、そのまま乾燥機に入れる方もいるでしょう。しかしオリジナルプリントTシャツを乾燥機に入れるのは絶対にNGです。

プリント方法の種類にもよるのですが、プリント部分は熱に弱いことが多いため、乾燥機に入れることで剥がれたり薄くなったりの原因になります。少し面倒でもオリジナルプリントTシャツは必ず干すようにしましょう。

プリント方法別の注意点

オリジナルプリントTシャツは、どんなプリント方法を使ったものかによっても洗濯の際の注意点が変わってきます。注文するときにどの方法でプリントしたかを覚えておき、洗濯するときにも生かすようにしましょう。

1. インクジェットプリント

家庭用プリンターで紙に印刷するのと同じ手法で、インクをTシャツに吹き付けてプリントをします。生地にプリント部分がなじみますし、たくさんの色を使えるプリント方法なので人気です。版を作る必要がないので、枚数が少なくても低コストでオリジナルプリントTシャツが作れます。

インクジェットプリントをしたTシャツは洗濯でプリントが剥がれる心配はありませんが、時間が経つと少しずつプリント部分が薄くなってしまいます。洗濯機で洗う場合は一番弱いモードで洗いましょう。また脱水時間を短くして、生地自体にダメージを与えないようにするのもポイントです。

2. シルクスクリーンプリント

シルクプリントはオリジナルプリントTシャツを作る時の、最も一般的な方法で、ロット数が多い注文に適しています。市販のプリントTシャツにもよく使われているプリント方法です。

たくさん洗ってもすぐにプリントが剥がれるということはありませんが、何度も洗っているとプリント部分にヒビが入ってしまうことが多いです。

シルクプリントでプリントした部分は直射日光に弱いので、必ず裏返しにして干すようにしましょう。少しのヒビなら、剥がれた部分の上に当て布を置いてアイロンをかければ修復できる場合もあります。

3. 転写シート

転写シートを使ったプリント方法は、シートプリントや圧着シートとも呼ばれます。版を作る必要がなく、費用を抑えてオリジナルプリントTシャツが作れる方法です。

転写シートは市販でも売られており、自宅でも作れます。シールを貼り付けたような仕上がりになりますが、熱で圧着しているので、洗ってもすぐに剥がれることはありません。

転写シートを使って作ったオリジナルプリントTシャツの場合は必ずTシャツを裏返しにし、洗濯ネットにも入れるようにしましょう。またさまざまなプリント方法の中でも、塩素系漂白剤にも弱いプリント方法です。汚れを落とすときは、絶対にプリント部分にかからないように注意してください。

また、転写シートを使ったプリントは、直接アイロンをかけると熱でプリント部分が剥がれてしまいます。アイロンをかけるときは必ず当て布をして、高温でかけないように気をつけましょう。低温でさっとアイロンをかける場合は、薄くなった色合いが鮮やかになる効果もあります。

4. 刺繍・ワッペン

高級感が出る刺繍やワッペンも、オリジナルプリントTシャツで人気があります。メインのデザインは他のプリント方法で印刷し、名前だけ刺繍で入れるというケースも多いです。

ただ他のプリント方法と違って、刺繍やワッペンの部分は立体的になっているため、何かに引っかかると糸が切れてしまいます。刺繍やワッペンがついているオリジナルプリントTシャツを洗うときは、他の洗濯物に金具などがないか確認しましょう。

また必ず裏返しにして、ネットに入れることをおすすめします。かなり頑丈に縫われているはずですが、洗濯を繰り返すと糸が劣化して切れてしまうので、ダメージをできるだけ防ぎましょう。

オリジナルプリントTシャツを注文するときに気をつけたいこと

オリジナルプリントTシャツを含めて、服は消耗品なのでいつかは劣化してしまいます。しかし、注文するときにできるだけ丈夫なTシャツを選んでおけば、生地自体の劣化を防ぎやすいのでおすすめです。どんな業者でもさまざまな種類のTシャツを用意していますが、Tシャツを決めるときは商品説明や口コミなどを見て、丈夫なTシャツかどうかを判断しましょう。

プリントが長持ちする洗濯方法について紹介しましたが、肝心のTシャツが丈夫でなければ穴が空いたり、すぐ伸びたりして着れなくなってしまいます。Tシャツ選びをするときは値段も気になりますが、値段だけでなく素材もしっかりチェックしてください。

オリジナルプリントTシャツはいつも以上に気をつけて洗濯しよう

こだわりのデザインで作ったオリジナルプリントTシャツや、部活やサークルなどのウェアとしておそろいで作ったオリジナルプリントTシャツは思い入れがあるでしょう。もちろん着用したり洗濯したりする以上、一生きれいなままということにはいきませんが、今回紹介した方法で洗濯すればできるだけ長持ちさせることができます。

一番おすすめな方法は手洗いです。時間はかかってしまいますが、特に思い入れの強いTシャツなら手洗いで大切に洗ってみてください。洗濯機を使う場合は必ず裏返しにしてネットに入れましょう。生地選びも慎重におこなって、長く愛用できるオリジナルプリントTシャツを作ってください。

オリジナルプリントのTシャツを簡単にオーダーするには?

学校や社内のイベント、店舗のスタッフユニフォーム等に最適なオリジナルプリントのTシャツはどうやってオーダーするの?
クラTジャパンでは、最短2日でお気に入りデザインのTシャツを簡単に作成できます。

まずは素材や生地の厚さ、予算にあったシャツの種類を探してみましょう。

オリジナルTシャツ商品一覧

デザイン案の準備や実際の注文方法はこちらのページも参考にしてください。

オリジナルTシャツの簡単デザイン作成ガイド

インクジェットプリントやシルクスクリーン印刷など、プリント・加工方法の一覧はこちらを参照してみてください。
プリント・加工一覧

 

せっかく作成したオリジナルTシャツですから、洗い方や保管方法に気を付けて、長く愛用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 × 7 =